2014年08月04日

パーソナルコンピュータ

1979年5月にNECからPC8000シリーズのPC-8001が発売されました。定価は168,000円。

「PC」とは「パーソナルコンピュータ」の略、

「マイコン」のことを「パーソナルコンピュータ」と呼ばれることとなる最初の機種となりました。

今では、普通に「パソコン」「PC」と略称で呼ばれていますね。

当時、所属していた会社では、NECの技術者が来社して

PC-8001を使ったベーシック言語講座なるものが頻繁に行われていました。


ご他聞にもれず、僕もその講座にせっせと参加していました。

直接ゲーム開発には、役立ちませんでしたが、

キーボードには抵抗なく触れることができるようになりました。(^_^;)

posted by オットットッ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭用ゲーム機の黎明期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102145694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック